立地

立地に関して、10年先を見据えた土地選びが大切である。土地は、郊外型と都心型の2つのタイプから選択できる。郊外型は、交通の便は悪いが、庭付きの物件も夢ではない。「近郊型」とも呼ばれ、おおむね都心から1時間以内である。最寄り駅からさらにバスで数分などざらにある。その分土地代が安く、大きな庭付き一戸建ても夢ではないので、魅力的であるさらにバスで移動ということが多いため、その乗り換えや町士官えお考えると、通勤には不便である。しかし、駅から都心型は、土地は高くて狭いが交通のアクセスは最高である。都内でいえば、湾岸や山手線の内側を指す。土地代は高く、用地面積も狭い。繁華街に隣接しているような場所は治安や騒音の心配がる。しかし、交通のアクセスの良さは最高である。ただし、人通りが多く、騒音や治安の問題などのデメリットがある。また、次のような土地もおススメである。まずは、ショッピングモールが近いこと。埼玉県の越谷や千葉県の船橋はともに巨大ショッピングモールがある。買い物に非常に便利である。これは、住みやすさの目安になるだろう。次にブランド力がある路線や駅もおススメである。首都圏なら田園都市線など、渋谷を起点に三軒茶屋、二子玉川など有名駅がある人気の路線である。こうした路線の物件は値崩れしにくい。できれば、実際に歩いてみて、立地を実感してみるのが物件選びで失敗しないためには重要である。