予算費について

余裕をもって返せる「借入額」を設定することも重要である。銀行などの金融機関から融資してもらう住宅ローン。借入額が大きくなるほど、トータルの返済額も大きくなる。年齢や年収に応じて、借入額や返済期間の上限は変わる。借入額は物件価格の80%以下とするのが理想的である。自己資金は、頭金や諸費用などに用いられるお金。一般的に物件価格の20%以上が目安とされる。例えば、3000万円の住宅ならば、最低でも自己資金は親族からの資金援助を含めて600万円は用意しておきたい。これらの合計額が「買える」お金である。また、借りられる上限をしっかり見極めることも大切である。「借りられる金額の上限」が「返せる金額」とは限らない。限度額いっぱいまで借りてしまうと、返済のために生活が苦しくなってしまう。そのために、借りられる上限だけではなく、「自分が返せる上限」を把握するべきである。生活費や住宅の維持費も考慮しつつ、無理のない返済プランを立てるようにしたい。生活費と別に子どもの教育費、医療費、住宅購入後の維持費なども確保しておくと良い。これらの費用を気にせずにローンを組むと返済が厳しくなってしまうので要注意である。ローン計画は攻めよりも守りの構えが良い。マイホーム購入となれば、多少の出費は覚悟してでもこだわりを優先してくなるものである。しかし、返済ができなければ意味はない。