バスルームの選び方

一日の疲れをとり、リラックス するバスタイム。家族みん なで入る家庭もあります。…

住宅購入

賢く良い物件を買えば、将来設計はよりクリアになる。しばしば、「住宅購入と賃貸、生涯コストはほぼ同じ」と言われる。しかし、それは「同価格の物件」を比較した場合の計算であり、広さやクオリティなどは考慮されていない。実際に「同程度の物件」で比較すると、50年で4000万円近くもの開きがり、持ち家の方が圧倒的に得である。マンションも好調であるが、戸建ても復調の兆しがある。経年劣化しない土地の資産価値は魅力がある。国土交通省の不動産価格指数を見ると、マンションの法が魅力的のように見える。しかし、戸建てはには、土地の資産価値があり、ここにきて上昇傾向を見せてきている。価格が上がる前に購入すると良い。戸建てとマンション、どちらが良いか考えたときに、暮らしを考えてタイプを選ぶと良い。まずは、マンションは「戸建てよりも安い」というイメージがある。しかし、これは、立地や広さによって大きく変わってくる。「戸建ては高いから」と決めつけず、いろいろな条件を踏まえた上で判断するのが正解である。また、マンションは戸建てよりも高さがある。そのため、「日当たりがよさそう」と思われがちだが、階層や隣接する建物によって大きく変わってくる。一方で戸建てに関しては、「維持費」を忘れてしまう場合が多い。定期的なメンテナンスや修繕費が必要になる。